大会概要

大会概要

大会名称 第5回可部連山トレイルランinあさきた
開催日時

平成29年11月4日(土)

前日受付・トレイルランセミナー・前夜祭・アクティビティ

平成29年11月5日(日)

大会当日

開催場所

会場

中国電力南原研修所
(広島市安佐北区可部町綾ヶ谷525)

走路

広島県立自然公園南原峡(堂床山、可部冠山、小掛山ほか)、広島県立自然歩道福王寺(福王寺山)

種目概要

ロングコース22km

定員:300名
参加料:6,000円
参加資格:高校生以上

ショートコース16km

定員:250名
参加料:4,000円
参加資格:中学生以上

ビギナーコース7km

定員:100名
参加料:2,500円
参加資格:中学生以上

※1本競技の特性を理解して自己責任のもと、完走する自信があり、自然環境への配慮ができる方。
※2大会当日時点での年齢が18歳未満の方は保護者の承諾が必要です。

参加賞

ロングコース・ショートコース

オリジナルTシャツ・タオル

ビギナーコース

オリジナルタオル

※すべて大会出店ブース割引券、温泉施設割引券付き

表彰

ロングコース・ショートコース

総合表彰 男女1位~6位
50歳以上表彰 男女1位~3位

ビギナーコース

総合表彰 男女1位~3位

前日イベント

トレイルランセミナー

定員:50名/参加料:1,500円

前夜祭

定員:100名/参加料:2,000円

当日イベント

フォトコンテスト2017

大会当日の撮影写真を対象に、最優秀賞1名、優秀賞2名、入賞5名程度を選考。

じゃんけん大会

地元特産品やスポーツ用品を景品とした奥宮俊祐選手のじゃんけん大会。

募集期間 平成29年5月20日(土)~9月23日(土) 
申込方法

①ランネット(http://runnet.jp/)によるオンライン受付

エントリー 終了しました

②募集パンフレットに付属の「払込取扱票」により郵便局で申込み

③18歳未満の出場者は誓約書を受付時に提出すること

主催 可部連山トレイルランinあさきた実行委員会
(広島市学区体育団体安佐北区連合会、安佐北区スポーツ推進委員協議会、広島市陸上競技協会、安佐北区役所)
協力 南原戸主会、南原自治会、亀北親和会、亀山生産森林組合、広島県山岳連盟、広島湾岸トレイル協議会、安佐北消防署、安佐北警察署、安佐医師会、広島市スポーツ協会(安佐北区スポーツセンター)、福王寺 など
後援 広島市教育委員会、中国新聞社、中国放送、広島テレビ、広島ホームテレビ、テレビ新広島、広島エフエム放送、ちゅぴCOMふれあい、FMちゅーピー76.6MHz
レースアドバイザー 奥宮 俊祐 選手

大会スケジュール

平成29年11月4日(土)

11:00~12:00 トレイルランセミナー受付
13:00~16:00 プロトレイルランナー奥宮俊祐氏の
トレイルランセミナー(定員50名)
14:00~16:00 前日受付
16:00~17:00 前夜祭受付(会場:ガラスの里)
17:00~19:00 前夜祭(定員100名)

平成29年11月5日(日)

7:00~8:00 当日受付
8:00~8:30 ブリーフィング及び準備体操
9:00~ ロングコーススタート
9:30~ ショートコーススタート
9:45~ ビギナーコーススタート
13:00~ 表彰式
13:45~ じゃんけん大会
15:00 大会終了

注意事項など

  • ※参加者の安全を守る為、スタッフがこれ以上競技続行不可能と判断した場合には、本人の意思にかかわらず競技を中断していただきます。
  • ※大会中に生じたケガや事故については、主催者は応急処置、救護活動は行いますが、それ以外の責任は負いません。但し、スポーツ障害保険に加入しますので、その適用を受けることができます。
  • ※飲料水1,000mlは必ず携帯してください。
  • ※行動食・雨具・救急用具等必要とする装備は、各自の判断で持参してください。
  • ※山岳路を走る競技なので、体力・安全確保など各自の責任の下、十分注意して参加してください。
  • ※健康保険証は必ず持参してください。(コピー可)
  • ※主催者が競技実施不可能と判断した場合は、大会を中止します。但し、参加費の返金はできませんので予めご了承ください。
  • ※コースは本大会が占有していないため、一般の登山者も利用します。登山者を優先し、その通行を妨げないようお願いします。
  • ※体調不良を感じたら早めにスタッフまでお申し出ください。また、不調者を見かけた場合も、近くのスタッフまで連絡をお願いします。

大会規約

  1. ①個人の都合による申込後の種目変更、キャンセルはできません。過剰入金、重複入金は返金できません。
  2. ②地震等天変地異、疾病、事件等予測不可能な事由による開催の縮小・中止及びその通知方法等については、主催者の判断により決定する。
  3. ③選手は心疾患・疾病等なく、健康に留意し、十分なトレーニングをして大会に臨み、傷病、事故、紛失等に対し、自己責任において大会に参加するものとする。
  4. ④大会開催中に主催者より競技続行に支障があると判断された選手は、主催者の指示に直ちに従い、また、その他主催者の安全管理・大会運営上の指示に従うものとする。
  5. ⑤大会開催中に傷病が発生した場合、主催者の規定に基づく応急手当てを受け、その方法、経過などについて主催者の責任は問わないものとする。
  6. ⑥大会開催中の事故、紛失、傷病等に関し、主催者の責任は免除とし、損害賠償等の請求はできないものとする。
  7. ⑦大会開催中の事故・傷病への補償は主催者側が加入した保険の範囲内で処置するものとする。
  8. ⑧選手が18歳未満の場合は、必ず保護者の承諾を受けて参加しなければならない。
  9. ⑨年齢・性別等の虚偽申告、申込者本人以外の出場(代理出走)は無効とする。それらが発覚した場合、出場・表彰の取り消し、次回以降の参加資格はく奪等、主催者の決定に従うものとする。また、主催者は虚偽申告・代理出走者に対する一切の責任を負わないものとする。
  10. ⑩ゴミをレース中に投棄する等、自然環境保護に違反する行為をした場合は失格とする。
  11. ⑪選手は大会の映像・写真・記事・記録等(氏名・年齢・性別・記録・肖像等の個人情報)がマス媒体・インターネット・パンフレット(実施要項)等の報道・掲載などに利用されること、その著作権・掲載権・利用権が主催者に属することを承諾するものとする。